チラシデザインの仕事をする魅力ややりがい

チラシはより多くの人々に商品やサービスの紹介をするために必要なツールです。ポスティング、新聞折り込み、手渡しなど様々な配布方法がありますが、目にしてもらうためには魅力のあるチラシデザインであることが重要なポイントです。そのためチラシデザインは「誰に何を伝えたいのかを明確にすること」「キャッチフレーズが一目でわかること」「画像の選択をすること」が重要になってきます。どのような人に合った内容で何を伝えたいのかが一目でわかると、興味を持った人はその後の内容も読み進むことになり、商品やサービスのことを知ってもらうことができます。画像はある方が分かりやすいのですが、たくさんあってもどれも目を引くものがなければ意味がないので、一番アピールできる画像を選ぶことが重要です。さらにレイアウトの仕方やイメージカラーの選択も重要なポイントで、読み手の視線の動きによるZやFの法則を意識したレイアウトや情報の整理整頓、イメージカラーはあまり色数が多いと見にくくなるのでベース、アソート、アクセントの3色を割合を考えて使い分けるなど工夫が必要になってきます。

デザインのセオリーを駆使してチラシを作り上げる

チラシデザインはこれらのことを考えて制作していくのですが、その仕事の魅力というのは「チラシを見て電話しました」「チラシを見て来ました」などという声がたくさんあることや、そのチラシを配布したことで売り上げや利用客が増えたという店の声を見聞きした時の喜びが一番といえます。そしてそのチラシのおかげで売り上げが上がったという店から再度チラシ作成の仕事をもらったり、評判がよくなることで多くのクライアントから注文が来るとそれが大きな魅力となってやりがいを感じられるようになります。しかしチラシデザイナーになるためにはデザインの勉強が必須で、専門の学校で知識と技術を身につけなければいけません。印刷や紙などについてなど幅広い知識や、パソコンを使っての作業なので、もしパソコンにトラブルが生じた時の対処方法も技術の一つとして身につける必要があるのです。