ロゴマークを考える時に気をつけたいこと

ロゴマークは、企業などのイメージを形で表す大切なものです。

ロゴのデザインが企業のイメージを表すしっかりと考えて作成しないと、せっかくのロゴマークの作成が失敗してしまう可能性があります。ロゴマークの作成するポイントは、自分の会社のイメージに合ったロゴマークを作成することです。様々な場所で使われることになるので、色の使い方が重要になってきます。ロゴマークは、白黒で印刷した時もハッキリと分かるようにします。カラーだけで作成してしまうと、白黒になった場合はマークや文字が認識できない可能性があります。認識しやすくするためには、デザインを白黒から始めていくと分かりやすいロゴマークになります。色を使いすぎないことも、作成するポイントになります。使っている色が多すぎる場合は、相手が何のマークなのかわかりにくくなります。取扱う商品のブランドカラーや会社のイメージカラーなどを使い、シンプルなデザインの方が相手に伝わりやすくなります。著作権の問題も重要なポイントになってきます。他の会社のマークに似ているデザインになってしまうと、著作権の侵害になる可能性もあります。著作権を侵害してしまうと、会社の信用度が大きく下がってしまいます。ロゴマークは、他の会社の著作権を侵害しないものを作成することも大切になります。